下膨れのようにたるんだ顔をどうにかしたいのなら・・・?

歳をとるのと比例して重力に逆らえなくなっていくたるんだ顔。昔はすっきりしたフェイスラインが自慢だったのに今ではおたふくのような下ぶくれ顔。どうすれば、このたるんだ顔のラインを少しでも解消できるのでしょうか。

 

たるんだ顔のせいで実年齢よりも年上に見られたり、顔が大きく見えてしまったり、化粧をしてもノリが悪くて思うようなメイクができなかったりと、女性の悩みはつきません。

 

リンパマッサージなどの広告を見かけることもありますが、なかなかなお値段で手も出しづらく、一度だけ通ったところで、長年の蓄えられた下ぶくれ顔がきれいさっぱりなくなるのかという疑問もあります。

 

通うことになったらそれこそ大出費!それに、化粧水などを買うのも結局はお金が必要になってきて、「そこまでしてはいいかな…」という気持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

そもそも、下ぶくれになってしまう原因とはいったい何なのでしょうか。

 

その答えは「頬っぺたと顎まわりの筋肉の低下」そして年代に関係なく生じる「むくみ」の二つが大きく挙げられます。

 

「むくみ」に関しては年齢など関係なく、若くても偏食や、不規則な生活などによって体が水分を外に排出しにくくなってしまい、体にため込まれた水分によってむくんでくるのです。

 

脚や手もむくんでしまうことがありますが、特に顔周りは常に外に出しているため鏡で自分を見た瞬間「顔がむくんでる!」と驚くことが多いですね。それを隠そうとマスクをしたら、マスクのラインが顔にくっきり残ってなかなか消えないなんていう悲劇もあったりします。

 

しかし、むくみを解消する方法は、結構身近にあります。まず、入浴や運動。入浴中に意識して顔周りを自分なりにマッサージしてみましょう。

 

運動不足はむくみの大きな原因になります。散歩や軽いジョギングなどをして、規則正しい生活を心がけることも大事です。そして食生活。

 

体にたまった水分を排出してくれるカリウムを良く摂取しましょう。豆類やバナナ、きゅうり、じゃがいもなどの身近な食品にもカリウムが含まれています。もちろん摂りすぎは体によくありませんが、日々の食事に取り入れることでむくみ解消を目指しましょう。

 

「筋肉の低下」に関しては年齢と共にある程度低下していくものです。しかし抗いたい!筋肉を鍛えて、このたるみを少しでもなくしたい!そう切実に思われているかたは、「笑いましょう!」冗談のようですが、よく笑うことで筋肉が鍛えられるのです。中国やベトナムでは「笑うことが長寿の秘訣」と考えられています。

 

よく笑い、体に良い物を食べ、筋肉を鍛えることで、たるんで、下ぶくれてしまった顔からすっきりラインの素敵な笑顔へ自分を変えていきましょう。