頬のもたつきをすっきりさせたいのなら・・・?

顔が疲れて見えたり、老けたりと感じるときは頬のもたつきが原因である可能性があります。
女性だけではなく、男性もそうですが多くの場合30代に差し掛かると、頬の肉が重力に従って徐々に下がり始めこれが頬のもたつきとなってしまうのです。

 

この頬のもたつきは、老化を感じるきっかけとなることも多いのです。頬がたるんでいる状態のため、それに伴い毛穴も下へ引っ張られる状態のため帯状毛穴の原因となってしまいます。

 

頬のもたつきの原因は顔全体に皮下脂肪がついているため重力に逆らえない、顔面のコリや頭皮が硬くなることによって表情筋が鍛えられていない、顔の水分が多いむくんだ状態のため肌が重くなって頬が下がることなどがあげられます。

 

このことから頬をすっきりさせるためには、むくみやコリを改善していきながら、表情の筋肉を鍛えることが必要です。

 

すっきりさせるためのマッサージとしては、マッサージオイル、クリームなどを手で温めて顔全体と首に塗り、首のリンパマッサージをしてリンパの流れを良くしていきます。

 

頬すっきりマッサージ方法

それが終わったら、人差し指、中指、薬指の三本の指の腹で額の中央からこめかみまで左右に少しずつ感覚を開けながら押していきます。口の回りを顎の下から口角の横、鼻の下、口角の横、顎の下の順で強めに押していき、小鼻の横の溝に沿ってゆっくり撫で、顎を三本の指で挟んで耳の下まで引き上げていきます。目の回りは優しい力で目尻から順に撫でていき、眉間の上からこめかみまでを撫で、こめかみを軽く抑えて耳の前まで滑らせたら、フェイスラインに沿って首のリンパに流します。頬を目の下からこめかみ、頬の外を通り顎の先に流したら顎の筋肉を持ち上げ、鼻のワキからこめかみに向かって頬を吊り上げます。

 

表情筋を鍛えるには、両頬に空気を思いっきり入れて膨らませ10秒キープし、口をすぼませ頬をへこませるのを10秒キープするのを1セットとして5セット行なったり、唇を閉じたまま口の中で舌を大きく回すのを同じ方向を2回、逆回りを2回を1セットに5セット繰り返す、五十音順を大きく顔の筋肉を意識しつつ口を動かしながら一文字5秒くらいの感覚で五十音を発声していくなどが効果的です。

 

このようなむくみ改善や筋肉を鍛えないとたるみやほうれい線の原因になるだけではなく、肌のターンオーバーが滞る原因となってしまい、肌トラブルを招く原因になってしまうこともあります。しっかり、頬のもたつきを改善することが美肌にも繋がります