口角を上げる方法は?口もとをアップしませんか

20代は、口角がキュッと上がっていたのに、
今では・・・、とお嘆きのあなたへ。

 

30代も下がり気味で、40代になってから、もぅどないしたん?というほど下がってしまいました。

 

しかも、左右の口角の下がりの高さが違うんです・・・
何で、左右の高さが違ってしまったのか。

 

生活のちょっとした癖や食べる時に片方で食べてしまう・・・
生活習慣を見直すと同時に、
口もとをキュッと持ちあげるには?

 

年齢を重ねると口もとの筋肉が弱くなってしまい、口角は下がってしまいます。
体も鍛えるように、顔も鍛えなければいけません。

 

<レッスン1 口角を上げましょう>
人気の割り箸レッスンです。
割り箸を用意しましょう。
割り箸を口に加え、「い」の形にして口角が上がることを意識します。
口角が割り箸より上に上がるようにして、30秒キープします。
理想は、1日30セットです。

 

割り箸レッスンを実践しているのですが、何をやるにも続けることが大切です。
毎日、はっきりいって面倒です。
そのままでは、やはり下へ下へ下がってしまいますので、上に持ち上げてあげましょう。

 

割り箸では、毎日続けられないわというあなたへ。

 

<レッスン2 便利グッズで口角アップ>
顔のリフトアップバンドが便利ですよ。フェイスラインを引き締める。下がったお肌を上に持ち上げてくれるものです。
ドクターシーラボやビーグレンのセール時のプレゼントで使用したのですが、ギュッと上がる感じがあります。

 

これは、便利です。