ふっくら肌を実現するために〜ハリ化粧品などを上手に利用しよう

乾燥は、全ての肌トラブルの基本にある原因と言われています。肌が乾燥すると、外からの刺激に対してのバリア機能が低下します。そのため、しわやたるみが出てくるようになり、たるみは毛穴目立ちも引き起こします。そして乾燥は、肌の生まれ変わりであるターンオーバーの周期を乱れさせます。ターンオーバーが正しく行われていれば、しみや肌荒れ、ニキビなども早い内に改善が期待できますが、ターンオーバーが乱れてしまうと、それらはいつまでも肌に残ったままにもなりかねません。また化粧品などで有効成分を肌に与えているから大丈夫と思われている方もいるかもしれませんが、こうした有効成分も、肌に潤いがなければ浸透は期待することができません。からからに乾いた大地に肥料だけまいても、意味がないのと同じことです。ですから、ありとあらゆる肌トラブルを寄せ付けないために、そして使用している化粧品などの有効成分を活かすためも、たっぷりの潤いを与えてふっくらとした肌を作り上げることはとても大切なことです。潤いを与えてふっくら肌を作り上げた後は、それを保つことが必要です。そのためには、潤いだけではなく肌のハリを守ることが大切です。肌のハリは、また肌の弾力と言うこともできます。これを肌の底から支えているのは、エラスチンとコラーゲンと言う成分です。この成分は、加齢によって、また紫外線を浴び続けることによって少しずつ減少、破壊されていきます。加齢による減少は、ハリ化粧品などを利用して、それを補うようにすればよいです。そして紫外線は、年間を通じて対策をすることが必要です。ハリ化粧品の中には、紫外線対策機能を兼ね備えているものもありますから、それを利用して上手に紫外線対策を行うと効率が良いです。ハリ化粧品に含まれている成分として多いのは、やはりコラーゲンとエラスチンです。そしてこのふたつの成分には、肌の弾力に対しての作用以外にも、水分を抱え込んで保持する作用もあります。つまり、このふたつが含まれているハリ化粧品を利用することは、ふっくら肌を作り上げるために必要な潤いを与える効果も期待できると言うわけです。それから最近では、皮膚再生医療の現場でも使用されているペプチドも、ハリ化粧品に多く含まれている成分です。ペプチドには様々な種類があるのですが、いずれも肌細胞に働きかける作用があるとされており、コラーゲンやエラスチンの生成にも深く関係している成分ですから、この成分の力を借りるのも良いことです。